清水焼とは?その特徴と歴史紹介。


全国の物産展(催事)へ出展致します。

 

ホーム > ご飯茶碗(ごはんちゃわん) > 紫式部

【商品画像の注意点】
商品はひとつひとつが手作りのため、お届けする商品が写真とは若干異なる場合がございます。
また、写真撮影、パソコンのモニタ環境により実物とは若干異なる色合いが出る場合がございます。

 

2客ペア価格: 13,000円 + 税
※1客ずつでもお買い求めいただけます。

商品No
 0106110
サイズ
 直径 約12cm×高さ 約5.3cm
 直径 約11.5cm×高さ 約6cm
作 者
 昇峰
包装箱
 化粧箱

紫式部 (むらさきしきぶ)

平安時代の紫式部から命名された可憐な草花。
秋に鮮やかでたくさんの紫の実がなります。多色で表現した優しい葉が器のデザインのポイントとなります。
内側はほとんど絵付けせず、外の装飾とのバランスをとっています。

 

交趾焼と呼ばれる製法で、輪郭線の立体的な描き方と鮮やかな発色が特徴。

 

ご飯茶碗
紫式部 (むらさきしきぶ)

2客ペア価格: 13,000円 + 税

個数   

商品No
 0106110
サイズ
 直径 約12cm×高さ 約5.3cm
 直径 約11.5cm×高さ 約6cm
作 者
 昇峰
包装箱
 化粧箱
   
※1客ずつでもお買い求めいただけます。
■サイズ 小(写真左) 大(写真右)
1客価格: 6,500円+ 税 個数  

実を実際に成る紫に近づけるよりも背景を上品な紫にしてイメージさせるところが京焼の感性。

 

京都伝統の清水焼陶器の製作と通販を行なっている京都の陶器店でございます。
清水焼の伝統を受け継ぐご飯茶碗、抹茶碗(まっちゃわん)、湯呑(ゆのみ)、鉢(はち)・お皿はいかがでしょうか。引き出物、ギフトにも最適の陶器です。