清水焼とは?その特徴と歴史紹介。


全国の物産展(催事)へ出展致します。

 

ホーム > 京焼・清水焼とは

【京焼・清水焼の特徴】

京焼の伝統を受け継ぎ、今も京都やその周辺地域で様々な種類の焼物を、手造り・手描きによって作られている焼物です。

 

【京焼と清水焼とは】

京焼とは京都の焼物の総称です。かつては三方を山で囲まれた京都盆地内に茶器や割烹食器などを作る様々な窯場があり清水焼も京焼の中の一つでした。清水寺の麓でつくられていた清水焼が今なお盛んに生産されており京焼・清水焼と並び称されるようになりました。現在では東山一帯、山科、宇治などで生産されているものも京焼・清水焼と呼んでおります。

 

【京焼・清水焼の歴史】

京焼の歴史はおよそ四〇〇年前までさかのぼり当初は主に茶器が作られ、その後割烹食器等も作るようになりました。貴族や茶人のもてなしの器、嗜好品として、その要望に応える為、様々な種類の器を必要とされた京焼は日本各地のみならず中国・朝鮮半島などから意匠・技術を取り入れ、京都の文化の中で洗練されてきました。優れたデザイン性と高度な技術を受け継ぐ為、今日でも手造り手描きによって一つ一つ丁寧に作られております。

 

【京焼と仁清・乾山】

京都では近世に至るまで本格的な陶磁器生産は行われず、瀬戸、近江、備前など各地からとり入れ消費していましたが、桃山時代以後、茶の湯の流行によりその様相が変化しました。
茶の湯のための道具は付加価値を見出され、需要の増加とともに手近なところでの茶陶の生産が必要になりました。そうした背景の中で瀬戸・美濃系の技法による唐物茶入の写し、肥前・唐津系の技術による高麗茶碗の写しなどを盛んに行い、優れた陶工も現れてきました。
なかでも仁和寺門前で開窯した野々村仁清や、その弟子尾形乾山により今日の京焼・清水焼の基礎が作られることになりました。仁清は姫宗和と謳われた茶人、金森宗和の庇護のもと雅やかな色絵陶器を作り出しました。乾山は兄、尾形光琳との合作によりデザイン化された京焼の特徴的な作風を手がけました。また、彼らは文化性も持ち合わせており貴族、茶人、僧侶などと深い繋がりを持ち、優れたデザインを創出していきました。
これらの作風が今日まで手仕事によって受け継がれていることはもとより、原料調達、轆轤師、絵付師、窯師などの分業体制を構築したことも今現在でも京焼が産業として連綿と受け継がれている要因と考えられます。

 

【やまなか雅陶の使命】

時代は下りその社会情勢が変化した今でも京都では陶工たちが分業化された仕組みの中で変わらぬ手仕事で技を競い合っています。
やまなか雅陶は作り手と使い手の架け橋となるような役割を担い、優れた技術を活かしていく新たなデザインの創出に努め、仁清・乾山のかかわった貴族・茶人等を現代のお客様に置き換え、刻々と変化していくニーズに応えるべく常に新しい感覚を持ち続けていきます。そして、京焼・清水焼を次代へ受け継がれていく文化として大切に守っていく事が私達の使命である、と考えております。

 

京都伝統の清水焼陶器の製作と通販を行なっている京都の陶器店でございます。
清水焼の伝統を受け継ぐご飯茶碗、抹茶碗(まっちゃわん)、湯呑(ゆのみ)、鉢(はち)・お皿はいかがでしょうか。引き出物、ギフトにも最適の陶器です。