清水焼とは?その特徴と歴史紹介。


全国の物産展(催事)へ出展致します。

 

ホーム > 急須(きゅうす) > 京都の急須・宝瓶の使い方

京都の急須・宝瓶の使い方

・ 京都の急須は全て手造りされています。
・ 中に金属、プラスチック素材を使わないのは、陶磁器の空間の中で茶葉を泳がし、蒸らす事により、
  お茶本来の風味、旨味が損なわれない様、大切にしているからです。

◇急須によるおいしいお茶の淹れ方。◇

 1 急須に直接、適量の茶葉を入れる。茶葉の入れすぎに注意。

 2 茶葉の種類にあわせて、お湯を冷ましてから、急須に入れる。

 3 そのまま1分から2分蒸らす。
 ☆中を見て、茶葉が底の方に沈んできたらおいしい頃合い。
 お湯呑を選んだり、御茶菓子を用意したり、ひとつ用事をはさむと丁度良い時間ですね!

 4 注ぐ時は、「ゆっくり」傾けていく。
 ☆初めは薄めのお茶が出てきます。後から茶葉の近くの濃いお茶がでてくるので
 お湯呑を見ながらお好みの濃さに調節していきます。
 ☆お茶は2つ以上の湯呑に注ぎ分けるか、
 1つの湯呑の場合でも急須を2、3度傾けるのをゆっくり戻しながらゆっくり注ぐのがコツ。
 (ゆっくりしないと渋みが出てしまうので注意。)
 ☆【注意!】急いで注いだり、茶葉が泳いでいる最中に注ぎ出してしまうと、注ぎ口に茶葉が詰まります。

 5 お茶は最後の一滴まで、しっかり絞り出す。

 茶畑で育ったお茶は、急須の中で、 美味しく完成します。

京都伝統の清水焼陶器の製作と通販を行なっている京都の陶器店でございます。
清水焼の伝統を受け継ぐご飯茶碗、抹茶碗(まっちゃわん)、湯呑(ゆのみ)、鉢(はち)・お皿はいかがでしょうか。引き出物、ギフトにも最適の陶器です。