清水焼とは?その特徴と歴史紹介。


全国の物産展(催事)へ出展致します。

 

ホーム > 酒器(しゅき) > 窯変油滴天目

【商品画像の注意点】
商品はひとつひとつが手作りのため、お届けする商品が写真とは若干異なる場合がございます。
また、写真撮影、パソコンのモニタ環境により実物とは若干異なる色合いが出る場合がございます。

 

販売価格: 30,000円 + 税

商品No
 0933021
サイズ
 直径 約7.5cm×高さ 約4.5cm
容 量
 110cc
作 者
 鎌田幸二
包装箱
 木箱

窯変油滴天目 (ようへんゆてきてんもく)

天目研究の第一人者、鎌田幸二先生の作品。いわゆる天目茶碗の形をずっとミニチュアにしたもの。窯の焚き方一つで様々な変化を魅せる天目釉。黒と銀の釉調は現代的な感性にうったえかけてきます。

 

 

この窯変油滴は読んで字のごとく、作品によって様々な変化を魅せます。
(ここでの画像と異なる場合がありますのでご注文の際はこちらから現物の作品の画像を送らせて頂きます。)

 

酒器
窯変油滴天目 (ようへんゆてきてんもく)

販売価格: 30,000円 + 税

個数   

商品No
 0933021
サイズ
 直径 約7.5cm×高さ 約4.5cm
容 量
 110cc
作 者
 鎌田幸二
包装箱
 木箱

 

お酒を入れた時、一旦輝きを落ち着かせます。飲み干すと再び輝く美しさに魅了されます。

 

天目釉の中に含まれる金属の成分。それが、窯焚きの際、高温で熱せられ、釉薬が沸騰して出来た気泡の中に入り込み、銀色の油の如き滴と変化していきます。

 

お酒を入れた時、一旦輝きを落ち着かせます。飲み干すと再び輝く美しさに魅了されます。

 

高台の削りは本物の、天目茶碗に劣らぬ端整仕上げ。

京都伝統の清水焼陶器の製作と通販を行なっている京都の陶器店でございます。
清水焼の伝統を受け継ぐご飯茶碗、抹茶碗(まっちゃわん)、湯呑(ゆのみ)、鉢(はち)・お皿はいかがでしょうか。引き出物、ギフトにも最適の陶器です。